恋愛

それぞれの『役割』

親友のKと元彼女は今付き合っている

そんな彼らとカラオケに行った

二人と自分、あと別の友達二人、全員で5人

元彼女と自分がまだ付き合っていたころ、同じメンバーでカラオケに行ったことがある

今までとなりに座っていた自分の彼女が、今日は親友の隣に座っていた

今は親友の彼女だから当たり前なのだけれど

少しだけせつない気持ちだった

彼女の歌にリズムを合わせる、親友の足先をテーブルの下に見て

この役割も、移り変わったのだと

彼女のことはもうあきらめている。未練はあるけれど、戻ってこないものは

戻ってこない

自分は彼女のことを愛してはいけない

親友を応援することに決めている

| | コメント (2) | トラックバック (0)

苦しすぎる

彼女がボクの親友と付き合うことになって数日が経つ

事実を知ったときからせつな~~~い気持ちが常につきまとっている

親友はオレに彼女との事実を打ち明けられずに苦しんでいたらしい…

でも、残されたオレの気持ちに比べたらどうなんだろう?

親友はオレに対する罪悪感を持っていて、今も悩んでいるらしいけど

だけど、お前のそばには彼女がいるじゃないか

オレのそばには、親友のお前もいなければ 好きだった彼女もいない~

すっっっっっっごい孤独なんですけど!!!!

くそ~~~ どうすりゃいいんだ!!!

気持ちが不安定だ!!!

と、いうわけで今日じっとしていられず、ギター教室の入会をしてきましたw

何かをして気を紛らわせなければ、とても生きてはいけない気がしたんだ

こうなったら、ギターうまくなってお前ら二人を祝福する歌を歌ってやるわ

呪いではなく、祝福の歌をな!!!!

…テンションがなんか怨みこもってるみたいでやだなぁ

オレにできることっていうのは、早く彼女を忘れ

罪悪感を持ってしまってオレの前に現れない親友

お前ら二人をハッピーーになるように促してやることのみだ!!!

でも、そういう風に決意しても

やっぱ…苦しすぎる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

心と体 | 恋愛